2017年12月9日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2017年12月8日)


 12月8日のロンドン市場はドルが底堅く推移した。

 ドル円は取引前半に113円台半ば手前から113円台半ばを小幅上回る水準に上昇。中盤以降は113円台半ば近辺で膠着感の強い動きを続けた。ロンドン市場に入り米長期債利回りはじり高の動き。欧州株は底堅く推移するなど、市場のリスク選好姿勢が広がる格好となったが、ドル円は米雇用統計の発表を前に様子見姿勢が強まった。

 ユーロドルは1.17ドル台半ばから1.17ドル台前半へとじり安の動き。取引序盤に発表された10月のドイツ経常収支は181億ユーロの黒字と黒字額が市場予想や前月を下振れ。米長期債利回りの上昇を背景にユーロドルはドル買い優勢となった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年12月8日)

 新興国通貨は対ドルで小動きだった。

 CNYは対ドルで変わらず。
11月の中国貿易収支は402.1億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上回り、3カ月ぶりの高水準。ただ前年比では6.7%減だった。

 TWDは対ドルでほぼ変わらず。
11月の台湾貿易収支は59.6億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上回り、前年比39.9%増となった。

 BRLは対ドルで変わらず。
11月のブラジルIPCAは前年比+2.80%と市場予想を小幅下回った。

 CZKは対ドルでほぼ変わらず。
11月のチェコ失業率は3.5%と市場予想通りで、2005年1月の統計開始以来の最低を更新した。

 HUFは対ドルで0.2%の上昇。
10月のハンガリー貿易収支は5.2億ユーロの黒字と黒字額が市場予想を下振れ。11月のハンガリーCPIは前年比+2.5%と市場予想を下回った。

 TRYは対ドルで0.6%の上昇。
10月のトルコ鉱工業生産は前年比+7.3%と市場予想を上回った。

 RUBは対ドルでほぼ変わらず。
11月のロシア軽自動車売上高は前年比15.0%増と7カ月連続の二桁増となった。

 東京地方は寒さが増しつつありますが、皆様はよい週末をお過ごしください。

2017年12月8日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2017年12月7日)


 12月7日のロンドン市場は円がじり安。ユーロも軟調になるなどドル買い優勢の展開となった。

 ドル円は取引前半に112円台半ば近辺で小動き。中盤に112円台後半に小幅上昇し、その後も底堅い動きを続けた。米債利回りは取引中盤に長期債が低下。ただ欧州株は下値の堅い動き。米債利回りが取引後半に上昇すると、ドル円もじり高の動きとなった。

 ユーロドルは取引中盤まで1.18ドルちょうど手前で小動き。取引序盤に発表された10月のドイツ鉱工業生産は前年比+2.7%と市場予想を下回り、7カ月ぶりの低い伸びとなったがユーロの反応は限定的だった。取引後半に入り米債利回りが上昇すると、ユーロドルは1.17ドル台後半に下落した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年12月7日)

 新興国通貨は対ドルで売り優勢となった。

 THBは対ドルで小幅下落。
11月のタイ消費者信頼感は78.0と4カ月連続で上昇し、2015年2月以来の高水準に達した。

 IDRはBloombergによると対ドルで小幅下落。
11月のインドネシア消費者信頼感は122.1と前月から上昇した。

 BRLは対ドルで1.5%の下落。
ブラジル中銀は市場予想通り政策金利を50bp引き下げ7.00%にすることを決定。同中銀は声明で基本シナリオが予想通りに展開すれば、緩和ペースをさらに緩やかに落とすことが適切との考えを示した。11月のブラジルIGP-DIは前年比-0.33%と市場予想ほど低下したなかった。

 MXNは対ドルで0.4%の下落。
11月のメキシコCPIは前年比+6.63%とほぼ市場予想通りで3カ月ぶりの高い伸びに加速した。

 CLPは対ドルで0.2%の下落。
11月のチリCPIは前年比+1.9%と市場予想通り前月から変わらず。同月同国の貿易収支は5.1億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下回った。

 COPは対ドルで変わらず。
コロンビア中銀は会合議事録(11月25日結果発表分)を公表。インフレは目標水準である3%に来年は達するだろうとの見方が共有される一方、景気は潜在成長率を大きく下回っており、第4四半期の成長率は前期を下回るとの見方が示された。

 CZKは対ドルで変わらず。
10月のチェコ建設業生産高は前年比5.9%増と4カ月ぶりの高い伸び。同月同国の鉱工業生産は同+10.5%と、ほぼ市場予想通りで昨年8月以来の高い伸びに加速した。

 ZARは対ドルで1.6%の下落。
10月の南アフリカ鉱物生産量は前年比5.2%増と市場予想を上振れた。

だんだん気温が低くなってきたので、身体についている脂肪が寒さ対策に役立つことを期待します。

本日もよろしくお願いいたします。

2017年12月7日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2017年12月6日)


 12月6日のロンドン市場はポンドが下落基調で推移。ユーロも上値の重い動きとなったが、円は動意に欠けた。

 ポンドドルは1.34ドル台前半から1.33ドル台後半へと下落基調で推移。英国のEU離脱に関し、北アイルランド、スコットランドが英本土並みの国境の取り扱いを求める一方、アイルランドはEU合意の取り扱いを主張。国境問題による英EU離脱交渉の先行き不透明感は強いままで、ポンドは売り優勢の展開となった。

 ユーロドルは取引中盤まで1.18ドル台前半でじり安の動き。後半に1.18ドル台前半で持ち直しの動きもみられたが、終盤には1.18ドルちょうど近辺まで反落した。