2017年6月25日日曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2017年6月23日)


 6月23日のロンドン市場は円、ユーロ、ポンドいずれも方向感に欠ける展開となった。

 ドル円は111円台前半での推移。ドイツ株はじり安の動き。後半に下げ幅を広げ、ドル円の重石となる一方、米債利回りは下値の堅い動きを続け、ドル円をサポートした。

 ユーロドルは1.11ドル台後半で推移。取引序盤に発表された6月のドイツ製造業PMI(速報値)は59.3と市場予想を上回ったが前月からは小幅低下。一方、同月のユーロ圏製造業PMI(速報値)は57.3と市場予想や前月を上回った。取引前半にユーロは指標を受け強含んだものの、中盤に失速。後半は動意に欠けた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年6月23日)

 新興国通貨は対ドルで小幅高。原油先物価格が底堅く推移し資源国通貨をサポートした。

 SGDは対ドルで0.2%の上昇。
5月のシンガポールCPIは前年比+1.4%と市場予想を上回り、2014年6月以来の高い伸び。一方、コアCPIは同+1.6%と市場予想に反し前月から鈍化した。同月同国の鉱工業生産は前年比+5.0%と市場予想や前月を下回った。

 BRLは対ドルで変わらず。
6月のブラジルIPCA-15は前年比+3.52%と前月から小幅鈍化。6月のブラジルCNI消費者信頼感は100.5と前月と変わらず。同月同国のCNI産業信頼感は51.9と5カ月ぶりの低水準に低下した。

 MXNは対ドルで0.6%の上昇。
メキシコ中銀のカルステンス総裁はMXNの上昇余地はあるが、以前ほどではないと発言。米国の利上げがあったとしてもメキシコは利上げを休止する可能性があるとも述べた。4月のメキシコ小売売上高は前年比1.4%増と市場予想を下回った。

 CLPは対ドルで0.3%の上昇。
5月のチリPPIは前年比+7.8%と前月から小幅加速したが、3カ月連続で7%台のままだった。

 TRYは対ドルで変わらず。
5月のトルコ住宅販売は前年比1.5%増と前月から鈍化。6月のトルコ企業景況感は108.8と2014年10月以来の高水準に上昇した。

よい週末をお過ごしください。

2017年6月23日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2017年6月22日)


 6月22日のロンドン市場はドル円が小幅上昇する一方、ユーロドルは方向感に欠ける展開となった。

 ドル円は取引中盤まで111円ちょうど近辺で小動き。ドイツ株は下げて始まった後、上値が抑えられる展開。米債利回りもロンドン市場に入ると上値が重くなり、ドル円の重石となった。しかし取引後半に入り、ドイツ株が下げ幅を縮め、前日終値水準に達すると、米債利回りも反発し、ドル円は111円台前半に上昇した。

 ユーロドルは1.11ドル台後半で方向感に欠けながらの推移。この日もユーロ圏主要国で主だった経済指標の発表もなく、ユーロは材料難。ユーロドルは様子見姿勢が続いた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年6月22日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢となった。

 TWDは対ドルで変わらず。
5月の台湾失業率は3.79%と市場予想や前月とほぼ同じ水準。台湾中銀は市場予想通り政策金利を1.375%で据え置き。同中銀は声明で実質金利は適切な水準にあると指摘。巨額の資本流入がTWDを押し上げたが、値動きは過去に比べ大きくないとの見方を示した。

 PHPは対ドルで小幅下落。
フィリピン中銀は市場予想通り政策金利を3.00%で据え置き。同中銀は声明で現在の金融政策姿勢は適切だが、インフレは情報リスクがあると指摘した。

 THBは対ドルで変わらず。
5月のタイ貿易収支(通関ベース)は9.4億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下振れ。輸入が前年比18.2%増と市場予想を大きく上回ったことで貿易黒字が縮小した。

 BRLは対ドルで変わらず。
ブラジル中銀は四半期インフレ報告を公表。市場予想に基づくインフレ見通しでは2018年第2四半期にかけてインフレが4.9%まで加速するものの、その後は緩やかな鈍化が続くとの見通しが示された。

 MXNは対ドルで0.7%の上昇。
6月上旬のメキシコCPIは前年比+6.30%と市場予想を小幅上回り、2008年12月以来の高い伸び。メキシコ中銀は市場予想通り政策金利を25bp引き上げ7.00%にすると発表。メンバー1名は金利据え置きを主張し反対票を投じた。同中銀は声明でMXN安やエネルギー高によるパススルーを警戒すると説明。ただインフレリスクは中立で、インフレは今後数カ月でピークを迎えるとの見方を示した。

 COPは対ドルで1.1%の上昇。
5月のコロンビア小売業信頼感は+15.3、同月同国の鉱工業信頼感は-8.8と、いずれも前月から低下。4月のコロンビア経済活動指数は前年比+1.4%と市場予想に反し、前年越えとなった。

 CLPは対ドルで0.3%の上昇。
5月のチリ自動車販売は前年比24.6%増と4カ月連続で二桁増となった。

 PLNは対ドルで0.2%の上昇。
ポーランド中銀は会合議事録(6月7日結果発表分)を公表。インフレ圧力は抑制されており、今後数四半期は政策金利が据え置かれるとの見方が示されていた。

 ILSは対ドルで0.2%の下落。
5月のイスラエル失業率は4.5%と前月から小幅上昇した。

 TRYは対ドルで0.7%の上昇。
6月のトルコ消費者信頼感は70.0と前月から低下。6月16日までの週のトルコ非居住者によるトルコ債投資は7.6億ドルの買い越しと、昨年7月以来の大幅買い越しを記録した。

 RUBは対ドルで0.6%の上昇。
6月16日のロシア金・外貨準備高は4064億ドルと前週から減少した。

好きな天気予報士ランキングというものがある、ということをさきほど知りました。

本日もよろしくお願いいたします。

2017年6月22日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2017年6月21日)



 6月21日のロンドン市場はポンドが取引終盤に上昇。ユーロも底堅く推移する一方で、円はやや売り戻された。

 ポンドドルは取引前半に1.26ドルちょうど近辺で小動き。中盤からはじり高の動きとなり、後半に入ると1.26ドル台前半での推移となった。取引終盤にBOEのホールデン委員は成長と、度合いは低いながらインフレが予想以上の底堅さを示したことから、引き締めが早過ぎ』になるリスクは縮小したと指摘。経済指標が引き続き良好であれば、昨年8月に導入した追加金融緩和の一部を解除するプロセスを開始するのが、下期入りに当たり思慮深い行動になると考えると説明した。同委員の考えが伝わると、ポンドドルは1.27ドルちょうどに急上昇した。