2017年4月27日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2017年4月26日)






 4月26日のロンドン市場ではユーロが下落する一方で円は買い戻された。

 ユーロドルは1.09ドル台前半から下落基調で推移し、取引後半には1.08ドル台後半に下落。終盤は1.09ドルちょうど手前に小幅反発したが上値は抑えられた。フランス大統領選に関する世論調査では引き続きマクロン候補優勢の結果。ただ東京市場でユーロが伸び悩んだこともあって、ユーロはロンドン市場に入ると売り優勢の展開が続いた。

 ドル円は取引前半に111円台半ば近辺から111円台前半に下落。ロンドン市場に入り米債利回りは低下。ドイツ株が小幅ながらマイナス圏で推移したこともあり、取引前半のドル円は上値が重かった。中盤に入り米債利回りが下げ止まるとドル円は111円台前半で小動き。後半も同水準で動意に乏しく推移した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年4月26日)

 新興国通貨は一部アジア通貨を除き対ドルで下落した。

 SGDは対ドルで0.2%の下落。
3月のシンガポール鉱工業生産は前年比+10.2%と市場予想を上回り、2カ月連続で二桁増となった。

 BRLは対ドルで0.8%の下落。
4月のブラジルFGV消費者信頼感は82.2と前月から低下。同月同国のFGV建設コストは前月比-0.08%と小幅ながらマイナスとなった。3月のブラジル税収は前年比3.36%増と市場予想を下振れ。同月同国の融資残高は前月比0.2%増とプラスに転じた。

 MXNは対ドルで1.8%の下落。一部報道が米国政府がNAFTAから撤退する用意ができていると報じたことが嫌気された。2月のメキシコ小売売上高は前年比3.6%増と市場予想を上振れた。

 PLNは対ドルで0.3%の下落。
3月のポーランド失業率は8.1%と市場予想を下回り、1991年5月以来の低水準に低下した。

 ZARは対ドルで1.7%の下落。
3月の南アフリカPPIは前年比+5.2%と市場予想を下回り、2015年12月以来の低水準に鈍化した。

 TRYは対ドルで変わらず。
トルコ中銀は市場予想通りレポレート、翌日物貸出金利、同借入金利をそれぞれ据え置き。一方で後期流動性貸出金利は市場予想に反し50bp引き上げられ12.25%とされた。同中銀は声明でインフレ見通しが大きく改善するまで金融政策を引き締める意向を示した。

 RUBは対ドルで1.7%の下落。
4月24日までの週のロシアCPIは前週比+0.2%と前週から加速した。

海苔の品不足が深刻化しているそうです。お寿司屋さんは大変ですね。

本日もよろしくお願いいたします。

2017年4月26日水曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2017年4月25日)


 4月25日のロンドン市場は円がじり安の動きを続けた。

 ドル円は110円台前半から上昇基調で推移し、取引中盤には110円台半ばに上昇。後半は同水準で伸び悩んだが、下値は堅かった。欧州株は前日の大幅高から伸び悩む展開となったが高水準を維持。ロンドン市場に入っても北朝鮮による核実験実施の兆候もみられず、米債利回りは上昇。ドル円をサポートした。

 ユーロドルは取引序盤に1.08ドル台後半から1.09ドルちょうど手前に上昇。中盤には1.09ちょうどまでじり高の動きとなったが、後半は1.08ドル台後半に小反落となった。一方、ポンドドルは1.28ドルちょうどから1.28ドル台前半に小幅高。ドルは欧州通貨に対し軟調だった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年4月25日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。東欧通貨が上昇する一方、中南米通貨は下落した。

 KRWは対ドルで0.4%の上昇。
4月の韓国消費者信頼感は101.2と3カ月連続で上昇し、6カ月ぶりの高水準に上昇した。

 BRLは対ドルで0.8%の下落。
3月のブラジル経常収支は14.0億ドルの黒字と黒字額が市場予想を大きく上回り、2007年8月以来の高水準を記録。一方、同月同国の海外直接投資は71.1億ドルとほぼ市場予想通りで、前月から拡大した。

 HUFは対ドルで0.5%の上昇。
ハンガリー中銀は市場予想通り政策金利を0.90%で据え置き。同中銀は声明で現在の緩和的な金融政策はインフレ目標に合致したものであるとの考えを示した。

 ZARは対ドルで0.3%の下落。
2月の南アフリカ先行指標は98.0と7カ月連続で上昇し、2014年2月以来の高水準に達した。

今日は良い風呂の日ですね。

本日もよろしくお願いいたします。

2017年4月25日火曜日

マーク・ファーバーのコメント(2017年4月)



昨日、ファーバー博士からメールをいただきました。
博士は相変わらず元気のようです。
今回も彼のレポートをご紹介します。
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=9933&c=2011281600009



“米国経済盤石論”のひとつとして、
家計資産の増加を挙げる人がいます。

2016年10-12月期には、93兆ドル近くまで増えました(FRB発表)。
トランプ相場が追い風になったようです。
(ちなみに日本の個人金融資産は
資金循環統計16年10-12月期によると
過去最高の1800兆円台となりました)

しかし、博士は「この巨額の富」が「ほとんど幻想」であり、
むしろ、そこにはいくつかの問題がみえてくると指摘しています。

例えば、家計の上位0.1%が下位90%よりも
富を保有しているという「偏在」の問題です。

特権階級が下位から富を吸い上げる仕組みを作り上げ、
この偏在がさらに深刻化していると説きます。

それに超金持ちがどれだけさらに金持ちになろうが、
トリクルダウンは知れていると
具体的な例を挙げて説明しています。

また、実質ベースでみると今の若者は、
高齢者が若者だったときに比べて稼げていないし
ほとんど富がありません。

さらに、米家計資産で大きな割合を占める年金が
静かなる危機に瀕しています。
例えば、今回取り上げているのは、
あるトラック運転手組合の年金破綻による悲惨な状況です。
これに公務員年金や企業年金の積立不足が控えています。

米国で株式や債券が理想的な現状にもかかわらず、
年金破綻の問題が潜んでいる実情を
博士はかなり問題視しているようです。

また、博士は家計資産が増えたといっても、
株式全体が生んだ富(配当の再投資を含めたトータルリターン)
に比べると、たいしたことがないと指摘しています。

その理由をいくつか挙げているのですが、そのひとつが
ほとんどの株式は短命で、ほとんどリターンを上げておらず、
ごく少数の大化け株が全体的なリターンをゆがめている事実です。
そのからくりのなかで、
個人投資家は常に「風説の流布」によって
往復ビンタをくらっていると主張しています。

そのため、博士は指数運用がさらに成長するとみていますが、
その先には生き残った積極運用のマネジャーが世界を舞台に
大活躍する姿がみえているようです。

最後に、注目の市場として
今月は欧州株を挙げており、
具体的な銘柄を挙げています。

また巻末には、スイスの運用会社「ENISOパートナーズ」の幹部が記した
運用哲学と有望市場のレポートを掲載しました。

特にユーロ相場についての見方は非常に興味深いです。
なお、同社のForte Eファンドは
英系金融情報会社シティワイヤが選ぶ
2015年度最優秀欧州系株式ファンドに選ばれています。