2016年8月27日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年8月26日)


 8月26日のロンドン市場は円、ユーロともに様子見姿勢の強い展開となった。ドル円は100円台半ば手前、で膠着感強く推移。ドイツ株は小幅マイナス圏で推移する一方、米債利回りは底堅く推移。この日夜のFRBイエレン議長の講演を前にドル円は様子見姿勢が続いた。

 ユーロドルは1.13ドルちょうど手前でもみ合い。7月のユーロ圏M3は前年比4.8%増と市場予想を下回り、3カ月ぶりの低い伸び。ただユーロの反応は限定的で、ドル円と同様にイエレン議長の講演を控え、様子見姿勢が続いた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年8月26日)

 新興国通貨は一部アジア通貨を除き対ドルで下落した。

 KRWは対ドルで0.2%の上昇。7月の韓国消費者信頼感は102と前月から小幅上昇した。

 THBは対ドルで0.3%の下落。7月のタイ自動車販売台数は前年比0.4%減と4カ月ぶりの前年割れを記録。同月同国の貿易収支(通関ベース)は12.1億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下振れ。輸出入ともに市場予想を上回る減少率を記録した。

 SGDは対ドルで0.4%の下落。7月のシンガポール鉱工業生産は前年比-3.6%と市場予想を大きく下回り、今年2月とほぼ同じ低下となった。

 BRLは対ドルで1.2%の下落。8月23日のブラジルFIPE・CPIは前月比-0.03%と市場予想を小幅下振れ。8月のブラジルFGV建設コストは前月比+0.26%と市場予想通り前月から鈍化。同月同国のCNI消費者信頼感は102.0と2カ月連続で上昇した。

 MXNは対ドルで1.1%の下落。7月のメキシコ貿易収支は18.3億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上回り、3カ月ぶりの高水準を記録した。

 ZARは対ドルで0.9%の下落。南アフリカ現地メディアは同国ズマ大統領が(ゴーダン財務相を含まない)主要閣僚の交代を視野に内閣改造の準備をしている可能性があると報じた。

よい週末をお過ごしください。

2016年8月26日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年8月25日)


 8月25日のロンドン市場はユーロが小幅上昇した。取引序盤に発表された8月のドイツIFO企業景況感は106.2と市場予想に反し前月から低下。指標発表直後にユーロドルは1.12ドル台後半から小幅下落したが、ユーロ売りの反応は限定的。その後、米長期債利回りがじり安の動きとなると、ユーロドルは上昇基調で推移。後半には1.13ドルちょうど近辺に達したが、終盤は1.12ドル台後半に小幅下落した。

 一方、ドル円は取引前半に100円台半ば手前から100円台前半に下落。ドイツ株がマイナス圏で推移したことに加え、米長期債利回りの低下がドル円を下押しした。しかし取引中盤にドル円は100円台前半で持ち直し。終盤には再び100円台半ば手前とロンドン市場開始当初の水準に反発した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年8月25日)

 新興国通貨はZAR、PLNなど一部を除き対ドルで上昇した。

 PHPは対ドルで0.4%の上昇。6月のフィリピン貿易収支は21.0億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上回った。

 BRLは対ドルで0.2%の下落。7月のブラジルローン残高は前月比0.4%減と2カ月連続で減少した。

 MXNは対ドルで0.4%の上昇。第2四半期のメキシコ経常収支は78.5億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上回った。メキシコ中銀は会合議事録(8月12日結果発表分)を公表。MXN安による物価上昇の経路(パススルー)を特段に注視すべきと指摘。経常収支赤字が市場の懸念事項になっているとの認識が示されるとともに、メンバー1名が金融政策における米国との違いを縮小する余地はないとの見方を示した。

 COPは対ドルで1.6%の上昇。7月のコロンビア小売業信頼感は24.2、鉱工業信頼感は5.5といずれも前月を上回った。コロンビア政府と南米最大の左翼ゲリラ組織であるコロンビア革命軍(FARC)は24日、和平合意を発表。今後、FARC戦闘員は武装解除し、2018年までに政治参加の道筋も開く見通しとなった。

 ZARは対ドルで0.5%の下落。7月の南アフリカPPIは前年比+7.4%と市場予想を上回り、5カ月ぶりの高い伸びに加速した。

 TRYは対ドルで0.6%の上昇。8月のトルコ企業景況感は103.0と昨年9月以来の低水準に低下。同月同国の設備稼働率は75.2%と5カ月ぶりの低水準に低下した。

 PLNは対ドルで0.4%の下落。ポーランド中銀は会合議事録(7月6日結果発表分)を公表。政策金利を安定化させることは景気をサポートするとの見方で同意。デフレによる企業への悪影響はみられないとの指摘もあった。ムーディーズはポーランド政府による憲法裁判所の権限縮小の動きは投資環境を損ない、経済成長の脅威であるとの認識を示した。

 RUBは対ドルで0.8%の上昇。8月19日のロシア金・外貨準備高は3982億ドルと前週から増加した。

英スコットランドのエディンバラ動物園で飼育されているオオサマペンギンで、ノルウェー近衛部隊のマスコット「ニルス・オーラヴ卿」が22日、准将に昇進したそうです。ノルウェーのある一族が1914年に動物園に最初のペンギンを寄贈したとのこと。そしてノルウェー部隊がエディンバラを訪れるたびに、ペンギンを昇進させるのが慣習となっているそうです。准将の次の位が何なのか、良く分かっていませんが、ぜひ最高位を目指していただきたいですね。