2016年9月16日金曜日

マーク・ファーバーのコメント(2016年9月)

よき知人でもあるマーク・ファーバー博士からコメントが届きました。
以下にご紹介しますね。

**************************

今年11月8日に米大統領選が実施される予定です。
言い換えると投票まで2カ月を切りました。

ご存じのように
民主党の予備選ではヒラリー・クリントン氏が
共和党ではドナルド・トランプ氏が指名されています。

なお、いわゆる第3党の
リバタリアン党からはゲーリー・ジョンソン元ニューメキシコ州知事、
米緑の党からはジル・スタイン医師が指名され、
また、多数の無所属候補が出ていますが、
大旋風を巻き起こすまでには至っていないようです。

今回のレポートでは、一部には“究極の選択”といわれる大統領選で
クリントン氏もしくはトランプ氏が当選した場合、
世界情勢、財政・金融政策、債券・株式・通貨・コモディティ市場に
どのような影響が予想されるか考察しています。

博士としては、
共和党も民主党も“本流”は同じ穴のムジナとなっており
(マスコミの“本流”はそのプロパガンダを担っている)

失敗続きの既得権益層・エリート・ネオコンを代表し、
また政治家としての誠実さに問題をみせたクリントン氏よりも

政治的に未知数で、人格的に問題があっても、
民衆とつながり、国際協調的、実利主義であるトランプ氏のほうが
持続的成長に欠かせない「平和」、
ひいては投資環境の観点からもマシである
という意見のようです。

さて、金価格の横ばいが7月から続いており、
一部には天井感から値崩れの声も出てきました。

しかし、博士は依然として
「貴金属価格が長期的に著しく上昇しないという
 どんなシナリオも描くことが難しい」というスタンスです。

レポートでは貴金属が業界人に嫌われる理由と
その背景についても指摘しています。

マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年9月15日)


 9月15日のロンドン市場はドルが上値の重い動きとなった。ドル円は取引序盤に102円台前半から102円台半ば近辺に上昇。しかし米長期債利回りは低下基調で推移。ドイツ株が前日終値水準でもみ合いとなり、ドル円は102円台半ば手前での推移に転じた。取引終盤に入り、米短期債利回りも低下基調を強めると、ドル円は102円台前半とロンドン市場開始当初の水準に小幅下落した。

 ユーロドルは1.12ドル台前半からじり高の動きとなり、取引中盤を過ぎる頃には1.12ドル台半ばでの推移。7月のユーロ圏貿易収支(季調値)は200億ユーロの黒字と黒字額が市場予想を下回ったが、同時に発表された8月のユーロ圏CPI(確定値)は前年比+0.2%と速報値から変わらず。ユーロを下支えした。取引後半に入ると、ユーロは伸び悩み、ユーロドルは1.12ドル台半ば手前で膠着感が強まった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年9月15日)

 新興国通貨は対ドルでアジア通貨やMXNが軟調に推移したものの、他は底堅い動きとなった。

 IDRはBloombergによると対ドルで0.2%の上昇。8月のインドネシア貿易収支は2.9億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下回った。

 SGDは対ドルで変わらず。7月のシンガポール小売売上高は前年比2.8%増と市場予想を上回る伸び。ただ自動車を除くコア売上高は同3.1%減と市場予想を上回る減少を記録した。

 INRは対ドルで0.2%の下落。一部米系TVはインド商工省の関係筋の情報としてINR切り下げを提案すると報道したが、商工相は報道を否定した。

 PHPは対ドルで0.5%の下落。7月のフィリピン海外労働者送金は前年比5.4%減と予想外の前年割れとなった。

 PENは対ドルで0.3%の上昇。7月のペルー経済活動指数は前年比+3.8%と市場予想を下振れ。8月のペルー失業率は6.8%と市場予想に反し前月から改善した。

 COPは対ドルで0.7%の上昇。7月のコロンビア小売売上高は前年比3.3%減と市場予想を上回る減少。同月同国の鉱工業生産は同-6.2%と市場予想に反し大幅な前年割れとなった。

 RUBは対ドルで0.6%の上昇。9月9日のロシア金・外貨準備高は3996億ドルと前週から増加した。

 ILSは対ドルで0.3%の上昇。8月のイスラエルCPIは前年比-0.7%と市場予想や前月を上回る低下を記録した。

本日もよろしくお願いいたします。

2016年9月15日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年9月14日)


 9月14日のロンドン市場は円が上昇。ドル円は取引前半こそ103円台前半で推移していたが、中盤に102円台半ば近辺に下落。後半は102円台後半で上値の抑えられる展開となった。ドイツ株は小幅プラス圏で推移。米債利回りも動意に欠けたが、東京市場後半にドル円は伸び悩み。高値警戒感もあり円買い戻しの動きが優勢となった。

 一方、ユーロドルは1.12ドル台前半で方向感に欠ける動き。7月のユーロ圏鉱工業生産は前年比-0.5%と市場予想より低下率が小幅。前月分も上方修正されたがユーロの反応は限定的だった。