2018年2月23日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2018年2月22日)


 2月22日のロンドン市場はドルが上値の重い動きとなった。

 ドル円は取引中盤までじり安の動きが続き107円台後半から107円台前半に下落。ロンドン市場に入り米長期債利回りが低下。欧州株はマイナス圏での推移となり、ドル円を下押しした。

 取引後半に入り、米長期債利回りは下げ止まり。短期債利回りは上昇すると、ドル円は107円台前半で動意に欠ける動きとなった。

 一方、ユーロドルは取引後半までじり高の動きが続き、1.22ドル台後半から1.23ドルちょうど手前まで上昇。取引中盤に発表された2月のドイツIFO企業景況感は115.4と市場予想や前月を下振れ。しかし米長期債利回りの低下がユーロドルの上昇をサポートした。終盤に米債利回りが短期債中心に上昇すると、ユーロドルは1.22ドル台後半に小幅下落した。

■新興国通貨の概況(2月22日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチだった。

 THBは対ドルで0.2%の下落。
1月のタイ自動車販売台数は前年比16.2%増と5カ月連続の二桁増を記録した。

 BRLは対ドルで0.6%の上昇。
2月のブラジルCNI産業信頼感は58.8と前月から小幅低下したが、2011年4月以来の高値圏を維持した。

 MXNは対ドルで1.1%の上昇。
2月上旬のメキシコCPIは前年比+5.45%と市場予想や1月下旬の伸びを小幅下振れ。コアCPIは同+4.32%と昨年3月上旬以来の低い伸びに鈍化した。メキシコ中銀は会合議事録(2月8日結果発表分)を公表。メンバーの過半は高インフレは長引いていると認識。メンバー一人は今後も追加利上げが必要となる可能性を指摘した。

 PLNは対ドルで小幅上昇。
1月のポーランドM3は前年比4.8%増と市場予想を小幅下回ったが、2カ月連続で加速した。

 TRYは対ドルで0.2%の上昇。
2月のトルコ経済信頼感は110.8と前月とほぼ同じ。同月同国の設備稼働率は77.8%と前月から小幅低下した。


本日もよろしくお願いいたします。

2018年2月22日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2018年2月21日)


 2月21日のロンドン市場は円が上昇する一方、ポンドは下落。ユーロは動意に欠けるなどマチマチの展開となった。

 ドル円は取引序盤こそ107円台後半で強含んだが、中盤にかけて107円台半ばに下落。後半は107円台半ば手前へと一段安となった。米債利回りは方向感に欠ける動きだったが、欧州株はマイナス圏で推移。米株先物も軟調な動きとなり、円は買い戻し優勢となった。

 ユーロドルは取引序盤に1.23ドル台半ば手前から1.23ドル台前半に下落。その後、発表された2月のドイツ製造業PMI(速報値)は60.3と市場予想を小幅下回り、6カ月ぶりの低水準。ただ指標発表後、ユーロドルは1.23ドル台前半でのもみ合いが続き、ユーロは動意に欠ける展開となった。

■新興国通貨の概況(2月21日)

 新興国通貨は対ドルでやや軟調だった。

 KRWは対ドルで0.3%の下落。
1月の韓国PPIは前年比+1.2%と4カ月連続で鈍化し、2016年11月以来の低い伸びに鈍化した。

 THBは対ドルで変わらず。
1月のタイ貿易収支は1.2億ドルの赤字と市場予想に反し2カ月連続の赤字となった。

 COPは対ドルで0.7%の下落。
1月のコロンビア小売業信頼感は21.8と前月から小幅上昇。同月同国の鉱工業信頼感も0.0と前月から上昇し、1年ぶりの高水準に達した。

 TRYは対ドルで0.2%の上昇。
1月のトルコ住宅販売は前年比1.7%増と4カ月ぶりの前年越えとなった。

 ZARは対ドルで0.6%の上昇。
1月の南アフリカCPIは前年比+4.4%と市場予想通りで2015年3月以来の低い伸び。コアCPIは同+4.1%と、2011年12月以来の低い伸びに鈍化した。

 RUBは対ドルで0.3%の下落。
2月19日までの週のロシアCPIは前週比+0.1%と前週から変わらずだった。

 ILSは対ドルで0.3%の上昇。
1月のイスラエル先行S指数は前月比+0.28%と2カ月連続で鈍化した。

世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」がある中東のドバイで、世界一高層のホテル「ゲボラホテル」がオープンしたそうです。上層階は涼しいのかもしれませんね。

本日もよろしくお願いいたします。

2018年2月21日水曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2018年2月20日)


 2月20日のロンドン市場はドルが上昇基調で推移した。

 ドル円は取引中盤までじり高の動きが続き107円ちょうど手前から107円台前半に上昇。ロンドン市場に入り米債利回りが上昇。ドル買いの動きをサポートした。後半に入り、米債利回りは反落となり、欧州株は前日終値付近で上値が重くなったが、ドル円は107円台前半で小動きとなった。

 ユーロドルは取引序盤に1.23ドル台後半から1.23ドル台半ば近辺に下落。取引序盤に発表された1月のドイツPPIは前年比+2.1%と市場予想を上回ったが、前月から鈍化。米債利回りの上昇もあって、ユーロドルはドル買い優勢となった。